ストレスチェックでSOSに気付こう|うつ病の治し方を詳しく調査

疲れた心を医師と癒やそう

変わりつつある治療法

うつ向く人

精神医療の最新技術

うつ病の診断は問診が主要な判断材料で、治療は投薬療法と心理療法が2本の柱、というのが従来の常識でした。そんなうつ病医療にも最新技術が導入され、治療の在り方が変わりつつあります。これからのうつ病診断を変える可能性がある最新技術としては、光トポグラフィー検査が挙げられます。これはうつ病ばかりでなく双極性障害や統合失調症なども含め、精神医療の分野で導入が進んでいる最新鋭の技術です。この光トポグラフィーという機械で近赤外線を使って脳の状態を検査することにより、うつ病の状態を可視化することが可能になりました。患者の問診に頼っていた診断を客観化できるため、うつ病かどうかの診断がより正確になります。TMSとも呼ばれる磁気刺激治療法は、うつ病の新しい治し方の1つです。磁気刺激治療機器を使って脳に磁気の刺激を与え、血流や代謝を促すことができます。抗うつ薬と比べて副作用がほとんどないことから、多くの心療内科や精神科で導入が進んでいます。今後ますます普及が進めば、抗うつ薬が中心だったうつ病の治し方に大きな変革をもたらす可能性もあります。こうした最新技術を導入する一方、投薬療法や心理療法など従来の治療法を上手に併用することにより、うつ病治療もよりいっそう精度が高くなると期待されます。

早め早めの受診を

以上のようにうつ病の治し方も日々進歩していますが、年間100万人とも言われるうつ病患者はあくまでも病院を受診している人の数に過ぎません。実際にはその何倍も潜在的患者が存在するものと推定されています。どれだけ画期的な治療法が開発されても、患者が病院を受診しないのではその恩恵を受けることができないのです。うつ病の認知度もここ数年で広がりつつあります。インターネット上では自分でストレスチェックを実施できるサイトも数多く存在します。そのサイトに書かれている項目を自分なりにチェックを行ない、多く該当する箇所がある、少しでも思い当たる節があるようなら、念のため心療内科や精神科の病院を受診すべきです。うつ病も症状が軽い段階ならば、比較的短期間で症状が改善するケースも少なくありません。放置していて重症化すればするほど、治療には時間がかかるようになります。うつ病を発症する人には真面目で責任感の強いタイプの人が多いと言われており、そういう人ほど仕事を休んだりすることには抵抗を覚えるものです。うつ病の治し方で最も重要な点は、自分に努力を強いたり焦ったりしないことです。症状が進んでいる場合は治療に時間もかかりますが、正しい治療を続けていれば症状改善も見えてきます。粘り強く治療を続けることが大切なのです。ストレスチェックでSOSに気付くチャンスを得ましょう。

社会問題になっている病気

先生とナース

気分が落ち込んで元気が出ないというような症状が数週間続いている場合は、うつ病である可能性が高いと考えられます。原因は脳内のセロトニン不足です。自分で行えるうつ病の治し方は、休息と栄養補給です。脳、心、身体をしっかり休ませ、セロトニンの材料となる栄養素の摂取を行います。

View Detail

心の病の治療と今後

患者と男性医師

うつ病の治し方は、精神科の医師による治療が基本ですが、普段の生活を見直すことも非常に重要です。特に生活リズムを整えることが大切です。また、うつ病になる方の数は増加していくものと考えられるため、周囲の理解と協力、その後の社会復帰への道のりを整えていくことが求められています。

View Detail

増加する病気を治すには

聴診器とキーボード

ストレス社会と言われる現代、そのストレスが原因となって発症するうつ病は年々患者数が増加しています。うつ病の治し方は、薬物療法や精神療法、十分な休息や食事の改善などがあります。中でも特に重要なのが休息です。身体と脳をしっかり休ませることがうつ病の改善に効果的とされています。

View Detail

セロトニン不足

相談

最近では太陽の光を浴びる時間が少なくなってきている人が増えてきています。太陽の光を浴びることでセロトニンが脳内に分泌され脳のエネルギーとなっていきます。現代ではそのセロトニンが不足していることからうつ病を発症するケースが多く、病院での治し方でも太陽の光を出す照明を使って治療していたりするのです。

View Detail