ストレスチェックでSOSに気付こう|うつ病の治し方を詳しく調査

女性看護師

心の病の治療と今後

患者と男性医師

日常生活を改善する

現在社会は誰もが大きなストレスを受けやすい状況となっています。そのため、ストレスが原因となってうつ病になる方が年々増加してきています。もし仮に発症した場合に備えて、発症時にどう対応すればいいのか知識をつけておきましょう。うつ病の治し方の基本は、精神科や心療内科を受診することです。と言うのも、うつ病は医師でも判断が難しいと言われるほど、多用や症状を持つ病気です。例えば頭痛や腹痛などの物理的な症状を併発している場合、それが臓器の不調によるものなのか、精神的な要因によるものかは素人には判別できません。そのため、精神的な不調と体調の悪化がセットで起きている場合には、まず精神科へ足を運びましょう。また、その他にも大事なポイントがあります。それは、日常生活を見直すと言うことです。うつ病になる方の多くは、毎日の生活リズムが乱れているものです。規則正しい生活を送る事は、健康を保つ上では非常に重要なことですが、特にうつ病になった方は気をつけるべきポイントです。うつ病で治療しているときには、ゆっくりすることが大切ですが、昼夜逆転してしまう方も多くいらっしゃいます。しかし、これでは治療はなかなか進みません。毎朝決まった時間に起きて、3度の食事をきちんと摂ることが重要です。うつ病の症状がひどいときには難しいことですが、症状が徐々に良くなってきたときには、規則正しい生活を送るようにすることが回復への近道となります。うつ病の治し方は、精神科の医師による治療だけではなく、日常生活を見直すことが非常に重要なことなのです。

患者数は増加する見込み

現在うつ病になられて治療中の方は非常に多くいらっしゃいます。なかなか景気が良くならない社会状況では、この先もうつ病になる方が多くなるものと考えられます。うつ病の治し方は医師による治療が基本ですが、今後はその他の方法も考えられていく必要があります。特に重要な事は、周囲の理解と協力です。これは小さな範囲ではなく、地域や会社など大きな規模での理解と協力のことです。うつ病になると長期間の治療と療養が必要になります。そしてその後に社会復帰するわけですが、現在ではまだその体制が整っているとは言えません。そのため今後は、うつ病になる方の数は増加するものと考えられるため、周囲のサポート体制の強化が求められています。特に勤務先などでは、時短勤務を認めるなど復帰に向けての具体的なプログラムが考えられる必要があります。うつ病などの心の病は回復に時間がかかりますが、病気自体は必ず良くなるものです。患者数の増加は社会的な損失にもつながるため、社会復帰するための道のりを整えていくことが非常に重要です。心の病は誰にでも可能性のある病気です。そのため、回復への道のりを整える事は、社会全体にとっても重要なことなのです。