ストレスチェックでSOSに気付こう|うつ病の治し方を詳しく調査

女性看護師

セロトニン不足

相談

精神的な負担で病気になる

うつ病は脳のエネルギー不足とも言われており、セロトニンが不足していることから発症してしまったり、ストレスから脳に負担がかかりすぎてしまい、脳が疲労状態に陥ってしまっているとも言われています。何かショックな出来事があったときに急に大きなストレスが脳にのしかかり、その負担から脳のエネルギーが少なくなっていくのです。ショックな出来事は人それぞれありますが、たとえば大切な家族や恋人などが亡くなってしまうことや失恋でもうつ病につながってしまうことはあります。そのほか衝撃的な事故や事件を見てしまったりするなども当たります。ショックな出来事以外でもうつ病を発症することがあり、受験や仕事のプレッシャーや人間関係、いじめを受けていたり引越しをして環境が変わることでも発症することがあります。うつ病の治し方は病院で診てもらって抗うつ薬などを処方してもらうのが一般的ですが、ほかにも太陽の光を浴びて治療していく治し方もあります。病院のなかで太陽の光を浴びて治していくのは一体どのような治し方なのか疑問に思う方もいますが、それは太陽と似た光を出す照明の光を浴びて治療していくものです。その治し方は自宅で行なうことも可能で、病院で治療する時間以外に自宅にライトをおいて光を浴びることもできます。なので早く治したいと考えるのであれば専用のライトを購入するのも良い方法となります。

太陽の光の重要さ

最近では仕事をするときも学校で勉強をするときも室内で行なうことが多く、太陽の光を浴びる時間帯が少なくなっていたりします。仕事が終わっても夜遅くなってしまったり又はやり終えていない仕事を家に持ち帰ったり、学校で授業を終えても復習するために塾へ行ったり予備校へ行ったりするなど、外に出て太陽の光を浴びる習慣がなくなってきているのが現状です。実は太陽の光こそ脳のストレスの負担を軽減させるエネルギーとなるのです。太陽の光を浴びることでセロトニンが分泌され、脳に良い栄養素を与えてくれるようになるのです。病院で治療を行なう際は抗うつ薬を処方されますが、その抗うつ薬にはセロトニンを増やす効果を引き出すためのものが多いのです。セロトニンは脳にとって必要な脳神経伝達物質となり、それがかけてしまうことでうつ病を発症してしまう人が多いです。ストレスが溜まることでもセロトニンは減少します。そのためにも普段から太陽の光を浴びながらストレスを軽減させていく習慣を身につけることが大事と言えるでしょう。それが厳しいなら、せめて光源を部屋の中において光を浴びるのも良い方法です。ただ、原因によってはストレスなどがうつ病の原因という場合も十分ありえるので、原因に則した治療を行うことが大切です。