ストレスチェックでSOSに気付こう|うつ病の治し方を詳しく調査

女性看護師

社会問題になっている病気

先生とナース

症状の特徴と根本原因

うつ病は、近年患者数が増加傾向にあるとされており、社会問題にもなっています。主な症状は気分が落ち込んだりやる気が出ないなどの精神症状と、夜眠れない、食欲がないなどの身体的な症状になります。うつ病でなくても、このような症状が現れることは少なくありませんし、気分が落ち込んで元気が出ない程度であれば誰でも一度は経験したことがあるものです。しかし、うつ病の場合にはこの症状が一過性のものではなく慢性的に続くのが特徴で、少なくとも数週間に渡って症状が見られているような場合であればうつ病の可能性が非常に高いと考えられます。うつ病を発症する原因は、セロトニンの不足だと言われています。セロトニンとは体内で合成される神経伝達物質のことです。脳、腸、血液で合成されています。合成される場所によって役割が異なり、脳内で合成されるものには精神安定作用、腸内で合成されるものには消化を助ける作用、血液中で合成されるものには止血や血管収縮を助ける作用があります。うつ病の場合には脳内のセロトニンが不足した状態となるため、精神的な症状が多く現れることになります。セロトニンが不足する原因はストレス、運動不足、不規則な生活リズムなどがあります。つまり、これらの原因によってうつ病が引き起こされるということになります。また、セロトニンは体内で合成されるため、セロトニンの材料となる栄養素が不足することでもうつ病を起こすことがあります。つまり、食生活の乱れによっても発症する可能性が高くなるということになります。

病院の治療とセルフケア

うつ病を発症した場合、必ず病院を受診しなければなりません。症状の度合いによって治し方が異なるため、適切な治療を行わなければ治癒が遅れるばかりか逆効果になってしまう可能性もあります。病院では主に薬物療法と精神療法が行われます。そして、これらの治療に加え自分自身で行える治し方もあります。自分自身で行えるうつ病の治し方は2種類あり、1つが休息、もう1つが栄養補給になります。うつ病を治すには休息をとることが非常に重要とされています。これは身体だけの休息ではなく、脳、心、身体の全てを休ませるという意味になります。特に脳を休ませるのが大切で、仕事、家庭のこと、勉強のこと、人間関係のことなど全てのことを一旦リセットさせます。これにより脳へのストレスが軽減され、症状の改善に繋がります。もう1つの治し方としてあげられるのが栄養補給ですが、これはセロトニンの合成量を増やすために行う方法です。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、うつ病の有無に関わらず、普段から意識的に増やすべき成分だと言われています。セロトニンを合成するために必要なのはトリプトファンとビタミンB6です。この2つの栄養素を食事などから積極的に摂取することで、うつ病の改善や予防に役立ちます。また、最近の傾向としては、サプリメントを用いてこれらの栄養素を補給する人が増えていると言われています。ストレスの多い現代社会においては、ストレスに負けない身体作りを心がけている人が増えているため、トリプトファンやビタミンB6を積極的に摂取するようになったと考えられています。